Makers@日本の工具

電動工具などNEWSをおとどけ!

マキタ

マキタから出たすごく小さいハンマドリル10.8Vだけど穴あけが早そう

2017/02/10

 

まずは価格と仕様についての情報

このモデルは去年(2016年)の年末に新発売されました。

本体+充電器+バッテリ2個+ケース のセットで定価が45,500円

想定売価は税別で3万円前後でしょう。

メーカー「マキタ」の主張

「究極の使いやすさ」だそうです。

当たり前ですが「小型で軽量」。

「10.8V16mmクラスで世界最速の穴あけスピード」10.8Vクラスそのものが小さな市場ですのでこれも当たり前かと。

個人的には

いいところ

4モードインパクトドライバよりずーといい気がします。

個人的にマルチツールに対して不信感があるです。

なんでもできるってなにもできないってことじゃないって(笑)

だからこのプラグの下穴くらいしか開けれなそうな今回のハンマドリルみたいなのはとても良いと思います。

人もなんでもできる人よりこれしかできない人のほうが愛着が持てませんか?

悪いところ

なんといっても「10.8V」のバッテリをまた買わないといけないところです。

もちろんそれがマキタの戦略ですが…(笑)

「14.4V」にしようか「18V」にしようかとタダでさえ選択に迷うとこなのに

さらに「10.8V」シリーズが着々と発売されていきます。

職人さんにとっても工具の管理が大変でしょう。

次々と新モデルが出ると、自分がどのサイズのバッテリ工具を使っているごちゃごちゃになります。

選択を間違えると、またバッテリに合わせて充電工具の本体を買い直す羽目にもなりそうな気がします。

まあ、それがマキタの戦略かも(なんども言いますが)。

充電工具って新旧モデルにもう少し互換性があるといいと思うけどなあ。

そんな儲かっている人ばっかじゃないんだから...

広告

広告

広告

広告

-マキタ
-